アクセスランキング

過酷な環境で生き延びた4人の男達

どうも私です。

昨日サバイバル番組を見ていました。

極寒の地
砂漠
ジャングル
無人島

それぞれ人が生きるのに困難な土地で
4人の男たちがサバイバルで100時間
生き抜くという
そういう設定でした。

一人一人追っていきましょう。

まずは無人島の男性ですが、
4人の中では一番環境的に恵まれています。
やしの実がとれるのが大きいですね。
にもかかわらず不機嫌?が理由で
最後の方はカットされていました。

ヤシの実や蟹など飽食の毎日にも
関わらず不機嫌になった理由は
分かりません。

ただモリを作って魚がとれなかったり、
火種を波に襲われて慌てて移したりで
少しかっこ悪かったのが、不機嫌の
理由でしょうか。イケメン俳優的に
ビシッ!と決めたかったと思います。

極寒の地の男性ですが、
マッチをすっていました。
オーロラを見てダンスしていました。
誕生日だったそうです。

砂漠を歩いた男性ですが興味深かったです。
私の勘違いかもしれませんが、
彼が飲んだ水の量は
スタート時に配布された三リットルと
植物や蒸留して飲んだ水しかないのですよ。
量にすると500ml程度でしょうか。

これだけで砂漠を5日間歩けるものなのか?
砂漠は最高気温で48度になるそうです。

日本の夏でも炎天下、1日中歩いたら
1日でそれだけの水分は必要になりそうな
ものです。5日も持つのでしょうか。

食料も非常食とさそりのみです。
これらの私の記憶が正しいとしたら、
彼が私の想像を超える超人であるか、

隠れた所でスタッフが飲食物を渡していたかの
どちらかなのですが、前者ならば、
サバイバルタレントとして
これからも活躍してもらいたいです。

ジャングルの男ですが、面白かったです。
虫に襲われたり、毒がある生物を食べて
舌がしびれたり、蛇を格闘のうえ捕まえて食べたり、

象に襲われて迷子になったり、
煙を吸い込んで意識混濁したり、
彼だけで一本作っても成り立ったのでは
ないでしょうか。

食料を現地調達するという趣旨ですが、
ジャングルや無人島はともかく、
極寒の地や砂漠でそれをやるのは
最初から無理があるのではと
思いながら見ていました。

芸能人がサバイバルに挑む番組も面白いですが、
彼らにレクチャーしていたサバイバルのプロが
援助物資なしで生き延びる
セメント番組も見たいですね。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター