アクセスランキング

孤独死は怖くないのではないか

どうも孤独死ロードというベルトコンベアに
乗っている独身男です、すっかり秋ですね。

人間誰でもいつか死ぬので、死ぬ事が
怖いと駄々をこねてもしょうがありません。
死ぬ時が来たら潔く死んでやる、でも
あまり痛くしないでねとそういう漢らしい
覚悟を持っているあたりさすが私です。

最近死についてよく考えます。

他の人間がどうだか分かりませんが、
私は体調が悪くなると人に会うのが
億劫になります。

理想をいえば元気一杯でお尻の大きい
女性の尻をもみながら、死んでいきたい
のですが、死ぬ間際で元気一杯
ということはないですね。

親しい人間に見送られて死ぬというのは
理想とされていますが、実際死ぬ時に
周りにうじゃうじゃいられたら、落ち着いて
死ぬ事もできません。

そう考えると、一人で死ぬのは
気楽でいいと感じます。

もちろん孤独死した私の遺体を片付ける
人間は大変です。

死期を察知したら
森の中に急いで走って行き穴を掘って土に埋まり
死んでそのまま植物の養分になれば迷惑
もかからないでしょうし、大木の一部になれれば
結構なことですが、

さすがに死ぬ間際の人間にそれだけの
労働をさせるのは酷というものでしょう。
ただでさえ私は怠け者なので、申し訳ないですが
私の遺体はその時生きている誰かに処理して
もらうことになります。

あの世というものがあるかどうかは分かりませんし
あったとしてそこで現世の価値観がどこまで
通用するのか分かりません。

しかしながら私は信じています。
お尻の大きい天使が私を迎えてくれる事を
信じる者は救われるというではありませんか。

ということで孤独死は怖くないと分かったので
枕を高くして眠ることができます。布団は
日干しすると気持ちいいですね。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター