正当な理由がない贅沢は浪費でありそれはいつか破産へとつながる

-
チャーチル
 
どうも私です。

インスタントカレーといえばボンカレー
が有名ですが、そのボンカレーに新商品が
出たそうです。

ただの新商品ではなくプレミアム商品
その名も

「the ボンカレー」

サイヤ人がスーパーサイヤ人になった
ようなものでしょうか。美味しさの戦闘力
もずいぶん上がったことでしょう。

私の記憶によるとただのボンカレーは
100円以下で買えたはずです。
プレミアムなだけに200円はするのか
と思い値段を見るとなんと500円です。

外食屋で食べるカレーが500円なら
手ごろだと感じますが、インスタントで
500円とは……思わず身震いします。

有名シェフが作った高級カレーだとか
○○レストランの味だとか
そういった高級感を煽った
インスタントカレーでも300円程度の世界です。
500円は震撼するのに充分でしょう。

私は思わず
会社のホームページを見てみました。

松山容子さんのパッケージのボンカレーは
なぜ沖縄限定販売なのですか

という問いにも丁寧に答えるその誠実さが
光ります。

その後に食レポを見ましたが、絶賛の嵐
でした。俄然食欲が湧いてきます。

何万円もするフレンチやら高級寿司を
テレビで見ても、美味しそうだとは思っても
食べたいとは思いません。
そもそも一月の食費を一食で超えてしまうので
現実的ではないからでしょう。脳も自分の主人の
財布の懐具合を把握しているのです。

しかしながらこの500円ボンカレーは
食べようと思えば食べられる。
しかし私の一食の予算がだいたい80円~100円
ですので、贅沢かそうでないかと
いうと確実に贅沢です。

そして贅沢するには理由がいります。
理由がない贅沢は浪費に繋がります。
浪費を繰り返すと人は破産します。
大帝国も小役人の
小さな不正から滅びるのです。

とりあえず何か500円ボンカレーを
食べる理由を探したいと思います。
関連記事



貧乏日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
↑クリックして頂けると大変嬉しく更新の励みになります。   






チャーチル
Posted byチャーチル