アクセスランキング

極貧人大金を手にするが……

どうも違う柄の靴下を履いていた所を
姪に注意されたものです。

webライターの仕事というのは
実につまらない無味乾燥な労働なのですが、
なんといっても

家で
好きな時に
好きなだけ

働く事が出来る利点があります。
中にはノルマがある仕事もあります。
単価は高くなるのですが

納期という概念を怠惰人の身体が
拒否します。

それでも慣れてくると件数をこなせる
ようになり、それなりのお金が
手に入ります。

先日出金依頼をしたところ
口座に大金が入っていました。
その額なんと5万円

お金の価値というものは常に相対的なものである
という揺るがない真理がある以上、
極貧人にとっての5万円は一般人の価値に
換算すると20万円はあるといっていいでしょう。

本業で手にするお金は生活費に消えるため
手に入れてもさほど嬉しくありませんが、

副業で手にするお金というのは紐が
ついておりません。自由に使えるお金です。
あぶく銭といったらいいすぎですが、財布の
紐が軽くなります。
ここは全部使ってしまうか……
と考えていた所
もう一人の私が話しかけてきました。

「考えてみろ……このお金は別に天の神様が
 おまえが貧乏だから……極貧だからと
 憐れんで空から降ってよこした
 金ではない」
 

「時間が空いた時に働きアリのように
 ちょくちょく100円程度の
 案件をこなして手に入れた金なんだ。
 労働の結晶なのだぞ……簡単に使って
 いい金ではない。財布が軽いというならば
 石で重しをつけるのだ」


なるほどもう一人の私はいいこといいます。
さりとて、全部貯金に回すというのも面白くない。

となると半分貯金に回し、半分使うのが
折衷案としてバランスがとれているか?

しかし私はプレイステーションⅣがほしい……
あれは4万程度ですが、ソフトなどを含めると
諸々で5万は必要です。今回だけは思い切って
全部使ってもいいのではないか?

「いやいや駄目だ駄目だ考えてみろ。
 ここで5万円を全て使うという前例を
 作ってみろ。」

「次の報酬もおまえは全部使うだろう。
 本来必要がない物もあぶく銭だから
 と使ってしまうだろう」

「人間とは弱いものだ。楽する方向
 楽する方向に流れていくものだ。
 前例を一回作れば、それが楽であるほど
 覆すのは難しいだろう」

「おまえはそんなに
 意思が強い男だったか?むしろかなり
 弱い部類の男ではなかったか?たけのこの
 里を1週間持たせると決意して3日間持った
 事が今まであったのか?むしろ1日目で
 食べつくしてしまうのがおまえではないか」

うーむ……なかなか小賢しい男です。
私なだけに私の事を知り尽くしています。

「先人の知恵では、そういう時は
 お金が足りなければ我慢する。
 そしてお金が手に入れば買えばいいのだ。
 プレイステーション4とソフトが5万円する。
 稼いだ額の半分を貯金に回さなければならない」

「つまり10万円稼げばこの二つは両立するのだ。
 なに焦ることはない。どうせ初期型の
 プレイステーション4はなんらかの不具合が
 あるだろう。待つことができる人間こそ
 知恵者なのだ」

私は感情と理性が相反する時は
深呼吸して一呼吸置いてから
理性に従うように心がけています。
プレステ4を今すぐamazonでポチしたい私は
少なくとも理性的とはいえません。

ということで保留します。これからもコツコツ
稼ぎ、10万円になった時に買う事にします。
それじゃこれからプレステ2のソフトで遊んできますね。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター