アクセスランキング

あの先生嫌いとツイッターに書き込んだ生徒が停学処分

どうも私です。

先生嫌いとツイッターに書き込んだ生徒が
停学になり処分が重すぎるのではないか
と物議を醸しているようです。

裁判所ではないので処分の重さが妥当かどうか
は分かりかねますが、生徒の行動が短慮すぎる
のは分かります。

しかしながら

ツイッターで呟くということは、日本中に
発信するということですから、友達同士で
あの先生うざいよねというのと意味合いが
全然違ってきます。ノートに書く日記では
ないんですよ。

教師側が特定の生徒を嫌いだとツイートしたら
どうなるでしょうか。おそらく蜂の巣を
つついたような騒ぎになるのでは
ないでしょうか。

生徒が生徒に
教師が生徒に
生徒が教師に

特定できる形で悪口をいう。
どのケースでもアウトです。

教師が特定の生徒を嫌いだとツイッターで呟く
学校に誰が通いたいと思いますか。
生徒側だから許されるというわけではありません。
学校側が指導するのは当たり前のことです。

停学も呟いて指導した結果、生徒が納得せず反論したので
処分したということですので、手順は踏んでいます。

この処分が妥当かどうかは分かりませんが、
ツイッターの危険性を学べたという点において、
授業料と考えるならばこの生徒にとって停学5日
は安いものではないでしょうか。

たかが学校を5日休むだけです。
社会に出てこんな事やらかしたら
すぐに首になる可能性だってあります。

嫌いな人を嫌いと書いただけ。
という反論をしたそうですが、
相手を嫌うということは自分も嫌われる
事は当然覚悟するべきであり、

自分が決めたルールで世の中は回っていないという
当たり前の事に早く気づくべきですね。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター