アクセスランキング

本当に家を追い出されます

どうも私です。以前エイプリルフールで家主さんから
家を追い出されると書いたのですが、現実になりそうな
雰囲気です。雰囲気というより決定事項なのですが、
柔らかい表現ですので使ってみました。

私の家は家賃2000円という破格の値段で借りています。
以前一緒に働かせてもらっていた社長さんのご厚意なんですが、
先日引退されまして、息子さんが事業を引き継ぐようです。

その際土地を処分することを決定されたようで、私に
申し訳ないと挨拶にこられました。
私は平然を装い、今までここに居させてもらった事を
感謝しました。

固定資産税だけでも月2000円程度じゃ賄いきれないの
ですから、息子さんの判断は妥当というものでしょう。
ですから家を追い出されると書いてしまいましたが、
今まで居させてもらった事自体を感謝すべきなのです。

それでも
私の感謝は本物なのですが、平然とした顔は偽物でした。
え?どうしよう?まじで?と若者になってしまいました。

今の生活は夏は耐えられないほどの暑さで嫌になりますが、
その代わりに週数時間の労働という、一般のサラリーマンが
1日の労働時間以下で暮らせてますので、総合的にいえば
満足といえるでしょう。

しかしながらその生活を支えていた家を失ってしまう……
どうしたものか?神は私に働けというのか?
お賽銭1円で13つもの願い事をした私に対する神罰なのか?
と自問自答してしまいました。私はそれでも働かないぞと
強い宣言をしました。神も呆れているでしょう。

とにかく近いうちにここを出なくてはなりません。
私が頼れる人間はというと、姉しかおりません。
暫定措置としていらない物をなるべく捨て、残った物を姉の家で
預かってもらう事にします。

普通に働くという選択肢が自分から出てこなかった事に対して
さすが私、怠惰人だと誇りに思いました。ですが誇りで飯は
食っていけません。

私は昔アパートを借りていたのですが、月4万円程度でした。
厳しい……あまりに厳しい……貯金があるので払えない事は
ありませんが、家計が赤字になれば将来は真っ暗です。

今の生活が安定していたのも、家計が黒字で貯金通帳の
数字が膨らんでいったもので、これが萎むとなると毎月
憂鬱な気持ちになります。まるで命のカウントダウンのようです。

姉の家で世話になるか?という考えは1秒で却下しました。
土下座すれば1部屋用意してくれるでしょうが、お手伝い
のように働かされるでしょう。それ以前につまらないブライド
かもしれませんが、やはり自分の生活は自分で維持したい。
それだけが私に残された最後の矜持ではなかったか?

と自問自答をしたところ、うむそうだと心強い返事が
帰ってきました。やはりそういうことなのです。

これからやることは、物の処分、姉への連絡、近隣のアパートの
相場を探す。このくらいでしょうか。ハローワークにはいきません。
なんとか現在の労働時間で生計を維持できるよう、最善を尽くします。

ブログ名が貧乏と怠惰とホームレスにならないようにです。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター