アクセスランキング

ツイート削除を提言した人間、実に愚かだ

どうも私です。


学校が死ぬほどつらい子は、学校を休んで図書館へ
いらっしゃい。というツイートが死を連想させる
ということで、鎌倉市教委の中から
削除をしたほうがよいという意見が出たそうです。

結果として削除はしなかったそうですが、
こんな事をいった人間は馬鹿なのではないか?
子供をパブロフの犬だとでも思っているのではないかと
呆れていました。

全文を載せましょう

「もうすぐ二学期。学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、
学校を休んで図書館へいらっしゃい。マンガもライトノベル
もあるよ。1日いても誰も何もいわないよ。9月から学校
へ行くくらいな死んじゃおうと思ったら、逃げ場所に
図書館も思い出してね」


死を連想させるどころか、このツイートは優しさで
できています。この文章を見て、さぁ死のう!!なんて
考える子供なんていませんよ。

杓子定規に死という文字が含まれているから駄目だなんて
意見を見るとあほじゃないのか、考える脳みそを持って
いるのかと毒づきたくなります。

機械が文章を判断したのならば、死という文字に
反応してこのツイートは駄目だと判断する事もある
でしょうが、人間が読んでいるのです。ちゃんと文章
を読みなさいといいたい。教育に携わっているというなら
頭を働かせなさいといいたい……
というよりもういっていますね。

ツイートの趣旨ですがもっともな話で、学校なんて
命をかけてまで行く所ではありません。もちろん私は
理想主義者ではありませんから、学校に通える生徒さん
は通ったほうがベターな選択肢であることを否定しません。

学歴があれば選択肢は広がる。そして学校に通うほうが
いい高校、いい大学に入りやすいというのは厳然とした
事実です。

ただ結果として自殺に追い込まれるのならば、さっさと
逃げたほうがよろしい。大学に行きたいのならば、
旧大検、高卒認定試験というものがあります。
少々でこぼこ道ですが、しっかり歩けば目的地に
辿り着くことはできるのです。

過去に不登校の生徒さんを受け持ったことがありました。
親御さんは大層心配していましたが、
彼女は今では大学へ元気に通っています。

私は彼女が学校に登校するのを辞めたのは
懸命な判断だったと確信しています。
人生は時に逃げる事も必要なのです。

学校に馴染めなければ、自分は駄目なんだと
自分に烙印を押しそうになります。そうではなく
人生において学校も環境の一つでしかありません。

子供に選択肢を提示した
このツイートは良ツイートで
あるといっていいでしょう。

学習は一人でもできます。
本を読む事さえできれば大丈夫なのです。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター