アクセスランキング

下流老人の定義が高すぎるのではないか

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/
article?a=20150918-00000002-pseven-soci


どうも私です。

下流老人20年で1500万円で赤字という記事を見ました。
シミュレーションをしているのですが、高齢無職世帯
の実収入を207347円としており、一方支出は月額
268907円です。

この結果を受けて毎月6万1560円の赤字となり
20年で1500万円赤字になるということです。
結論として老後の生活が想像以上に厳しいと
いっているわけですが……

どうなのでしょう?月6万円の赤字を垂れ流しを
気にすることなく20年続ける家庭というのは
正直いってあほなのではないでしょうか。

家計の赤字というのはいわば、出血のような
ものであり、普通は血が亡くなる前に、
止血をするでしょう。
即ち生活水準を下げるという事です。

そもそも実収入207347円は額面でいうと
年収300万クラスであります。年収100万円以下で
暮らしている私からすると、ブルジョアのレベル
であり高くそびえるエベレストのようなものです。
少し大げさに書きました、高尾山ぐらいでしょうか。

もちろん私は単身世帯であり、シミュレーション世帯は
夫婦なのですが、家賃や食費というのは二人いれば
2倍かかるという性質のものではなく、私より
生活水準が高い事はいうまでもありません。

この夫婦を下流とするならば、私の場所はいったい
どこであるというのか、地中のモグラのような
存在なのか?私の価値観はすでに光を失い
盲目になっているにすぎないのか?
いろいろ考えてしまいます……

すいませんたいして考えて
おりませんが、一応いってみました。

記事の最後にこう書いてあります。

「スーパーで見切り品をあさり、夕食はほとんど
カップラーメン、なんてわびしい生活にならない
ために、今後20年でどれだけお金を蓄えられるか
が勝負だ」

お話しになりませんね。スーパーの見切り品ですが
ほとんど同じ品質のものが半額で買えるなら、
賢い人間は狙うにきまっているでしょう。

貧乏の代名詞がカップラーメンなのも陳腐ですね。
あれは高いです。インスタントラーメンにすら及ばず
パスタには手も足も出ません。

月20万円もの収入がある夫婦をつかまえて、
下流老人などといえば、世間には貧乏人が
溢れるに決まっています。所詮言葉遊びに
すぎません。

不安を煽って商売をするやり方はよく見かけますが、
自分が本当に貧乏人なのかどうか、立ち位置を
見失わないようにしてもらいたいものです。

それをふまえていいましょう。
私は貧乏です。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター