アクセスランキング

46歳パート主婦が社員旅行の二人組で悩み涙する

46歳のパート主婦です。

来月パート先の社員旅行があり、宿泊部屋を決
めるにあたり、 社員は社員同士パートはパート
同士でペアを組み、掲示板の表に記入するよう
にとお達しがありました。

パートは女性8名で、その中にAさんというコ
ミュニケーションが不得意な人がいます。
嫌な事を言ったりする人ではなく、ただ単に
人間関係が不得手という人なので、ちょっと浮
いている程度で 悪口を言われているわけでも
嫌われているわけでもなく、普段は何の問題も
ありませんが、その人と誰が相部屋になるのか
という問題があり、社員はどんどんペアが決ま
っていくなか、パートはいつまでもその話題に
なりませんでした。

私のコミュニケーション能力は極一般人程度で、
良い意味でも悪い意味でも浮いた事がないとい
う感じですが、私はAさんを気の毒に思い、A
さんと一緒に浮いてしまう事にならないかとの
心配もある中、Aさんにペアにならないかと
誘いました。Aさんは有難うと喜んでくれ、私
とAさんは旅行のペアを記入する欄に記入
しました。

私とAさんがペアを組む事で、パート同士のペ
アがさっさと決まるだろう、だからAさんとペ
アを組もうと思ったのですが…。いざ本当に
Aさんとペアと組むと、残りのペアが15分
以内に全部決まったのです。

私はゾッとしました。みんな私がAさんと組め
ばいいと思っていたのではないか。普段私は
3人で仲良くしているのですが、その2人も
そう思っていたのではないか。そんな妄想が
私を襲い、涙があふれました。


私は、この辛さを解かってほしくて、私の妄想を
否定してほしくて、学生時代からの大親友Bに相談
しました。Bは昔から姉御肌で人気者で、私はBと
大親友である事が心から自慢でした。そして何より、
B自身がこういう時、Aと相部屋になる事を
買って出る人でした。



私はBに叱咤激励を期待していました。
でもBと話した結果、私はBにとって
今のAの立場だったと知りました。

Bには色々言われました。
「今回尚子からAを誘った以上、Aの親友になる
 覚悟が必要。」
「Aから離れない限り、尚子から離れる事は向こう
 何十年してはいけない。」。」「責任をとれ。」
「自分が人にしてもらったように、
 自分も人にするべき。」

Bのこうした言葉1つ1つが、「貴女の事を私がそうし
てきたように」と聞こえました。話を聞きながら、
私の捉え方がおかしいのかな?私の耳が卑屈になって
るのかな?と思ったり、いや違う本当に私の事を言
ってると思ったりの繰り返しで、私はついに聞きました。

「私も随分あなたに責任を負わせてきたのね。大変な
思いをさせてたんだね」

私はたぶんBの「私と貴女は
違う」という返答を期待していたのだと思います。

でも実際のBの返答は、
「貴女はそこまで優しいタイプじゃないよ。
Aに声をかけられる器ではない」で、
私は打ちのめされました。

10分後、Bから「さっき私はどうかしていた」と
言われましたが、素直に受け止められません。


http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2015/1018/735603.htm?g=06



要約

社員旅行で二人組になる話があり、浮いているAさん
に声をかけたトピ主。自分達が決まった後にあっと
いうまに二人組が決まり、疑心暗鬼になる。
学生時代の大親友に電話するも、自分の期待する
答えは返ってこなかった。泣いた。



どうも私です。学生時代ぼっちを経験したものにとって
二人組という言葉にトラウマを覚える人も多いでしょう。
人はそうやって強くなっていくのです。

いつものように発言小町を見ていました。
私は人間関係で悩む方のトピを見るのが好きです。
人間関係というのは古今東西不変のものであり、
これを制する者が社会で成功するのでしょう。

トピ主さんは一言でいうと面倒くさい人ですね。
妄想というのは、ポジティブに使わなければ
なりません。お尻の大きい女性と仲良くなる
妄想をいつもしている私のようにです。

物事には何事もきっかけというのものがあり、
Aさんとトピ主さんのペアが決まった事により
15分以内に全部のペアが決まる事も流れという
ものです。特異な事ではありません。

残ったのは6人ですから、パターンは限られて
しまいますし、二組決まれば残りは4人です。
もうこうなればあっというまですよ。

きっかけを作ったのは自分なのに
自分が浮いているAさんと二人組
になればいいという疑心暗鬼に陥ってしまった
トピ主さん。

彼女が次にとった行動もまた面倒臭いです。
いわゆる愚痴電話ですが、自分が期待する返答を
求めるための電話です。これは本当に面倒くさい。

悩み相談は私も何回かされたことはありますが
この人はこうやっていってほしいのだろうなという、
そういう空気を感じることはあります。ただ実際に
いうのはなかなか苦痛で、何故かというと白々しく
感じてしまうからです。

それでも相手が年齢の離れた子供ならば、いい方向に
いってほしいと白々しい自分を笑いながら口に出しますが、
同世代からこういう電話がくるのは正直にいって厳しい。

7勝7敗で千秋楽をむかえて相手は朝青龍というくらい
厳しいです。絶望です。いえ大げさですね。そこまで
ではありませんが、勘弁してもらいたいという気持ちには
なるでしょう。

ただ愚痴を聞いてもらいたいという電話のほうが
ましなくらいです。

しかしながらBさんも変わった人のようで、たかが
社員旅行の二人組に誘った程度で、親友になり
何十年も付きあわなければならないという、なかなか
古風な人であります。

手を繋いだだけで責任をとって結婚をしろと
迫ってきそうな勢いです。

Bさんはあなたにぼっちの面倒を見る甲斐性はないから
無理なことはするなといいたいのでしょうが、
その事で自分が彼女にお情けで相手してもらっていた
だけではないかとまたしても疑心暗鬼に陥ってしまう
トピ主さん。

繰り返しますが、この妄想力をポジティブなほうに
方向を変えれば、人生楽しくなるでしょう。

なんでもそうですが、人を試すようなことはいわない
ほうがいいです。相手も不快になるでしょうし、いい
ことはありません。

トピ主さんはまず情緒を安定させたほうが
いいのでしょう。そして大親友のいうように
自分の器が狭いということを認識して
無理をせずに生きていく
それが大事です。

人間分相応に生きるのが一番なのです。

(発言小町感想)しなくていいですよじゃなくてしないでくださいでしょ
http://aragorun.blog.fc2.com/blog-entry-893.html
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター