読売新聞、電気や水道よりも新聞のほうが大切だ

-
チャーチル
 
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20151219-OYT1T50170.html

「見過ごせないのは、枝野氏が新聞への軽減税率適用に関して、
新聞よりも水道や電気が必需品だ」と発言していることだ。
民主主義や活字文化を支える重要な公共財である新聞や出版
物に対する理解を欠いていると言わざるを得ない」

どう考えても電気や水道のほうが大切です。どちらか一方を
選ぶとして新聞購読を選ぶ人がいますか?おそらく
これを書いた記者の人も悩むことなく
電気と水道を選ぶと思います。
その選択をしなくていい事を分かっているから
こんなことを書けるのです。

私なりに書くなら、水や電気に対する理解を欠いている
と言わざるを得ません。
関連記事



貧乏日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
↑クリックして頂けると大変嬉しく更新の励みになります。   






チャーチル
Posted byチャーチル