アクセスランキング

月11万円を仕送りしろといってくるニート息子をどうすればよいか?

どうも私です。いくら極貧でも安ければいいという価値観には
染まらず、さりとて、良いものを安く手に入れるという図々しい
考えを持つこともなく、そこそこの物を安く手に入れるという
所に落ち着くのが貧乏ライフを滞りなく送る秘訣であると
いえましょう。もはや何を言っているのかよくわかりませんね。

月11万円を仕送りしろといってくるニート息子をどうすれば
よいか?という記事を見ました。

http://www.sankei.com/premium/news/160214/prm1602140021-n1.html


息子 44歳
親  70代

息子が住んでいる家賃6万円のアパートを親が負担しており、
そのほかに隔月で10万円を要求してくるようです。間違いなく
親の年金狙いですね。何故年金が隔月なのかというのもいささか
疑問ですが、本題はないので置いておきましょう。

この相談の回答として、一切援助せず、行政の助けを
借りなさいというアンサーが出されています。
確かにそれ以外ないのでしょうが、あえて細かく考えて
いきましょう。

まず気になるのは家賃が6万円という所でしょうか。
住む家のランクというのは収入にだいたい
比例するものであり、また比例させるものでもあります。
分不相応な住処は破綻へのカウントダウンを速める
ことになります。

自分で生活費を賄えないのですから、家賃なんて
5000円~20000円程度に抑えるべきですよ。
6万円の家なんて彼が住むべき家ではないのです。

そこで4万円~45000円の費用を削減できますね。

また親は彼に定職につけといっているらしいですが、
これはねなかなか難しいですよ。40代のろくに職歴ない
男が正社員として働くのは非常に難しい。

ないとはいいませんが、職場環境が厳しい所しか
ありません。人間関係に躓いてこうなったのですから
そんな会社が彼に続くわけがありません。

となると生活費を抑えてバイトで暮らしていける
よう、家計を見直すことです。

人は現状を維持しようとするものです。
黙っていても月11万円の援助があるのならば
働く事なんてしませんよ。

結局こういう問題は親子の情というものが
足枷になるのですから、他人を入れるしかない
のでしょう。

人は現状に不満があると他人の責任にしたがる
ものですから、自分がこうなったのは親のせいだと
いう理屈で仕送りを正当な権利だと自分
を納得させていく。

親がお金持ちならそれでいいんでしょうけどね。

稼ぎが少なければ税金や社会保障費はたいして
かからないようなシステムになっています。

飢餓がくれば代謝を極限まで抑えて生き延びる
生物のように、金がないのならば、ローコストの
生活を身につけるのが生き残る道です。
関連記事



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
プロフィール

チャーチル

Author:チャーチル
職業 家庭教師
趣味 将棋観戦 フリーゲーム 読書 睡眠 スーパー巡り 
年齢 おじさん

カテゴリ
月別アーカイブ
ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
アクセスカウンター